[Around Voice]

  • 宇都宮隆さん:nishi-ken君はそれくらい楽しみな存在。accessでデビューした当時の大介じゃないけど、これからどの道をどう昇っていくのかがすごく楽しみ。(2012・20miles ツアーパンフ)
  • 小室みつ子さん:ウツのライブ、すごくロックなノリでDJもいて気持ちよかったですー。木根ちゃん、べーあん、わたるさんにも会えたし。ウツ会報での話で誰かが教えてくれたnishi-kenさんともお会いしました。素敵な青年でした。(2010/11/20)
  • 松岡英明さん:ニシケンくんが随分前から縁があったことを知ってビックリ!!なんだー、めっちゃ音好きだったから、もっと前から繋がってればよかった…い や。それでも今が一番良いタイミングで深く知り合えたんだな、やっぱ。世の中、ホントに歯車が合うと嘘みたいに色んなことが動き出す。(2014/1 /29)
  • KOOさん:(第一印象は)生意気そうだな〜って。図体はデカイし勢いあるし。結構いろんなミュージシャンとかいたけどnishi-kenが一番才能とセンスがスゲェなって思ったな〜。(レオスタ・2015/2/5)
  • 武藤彩未さん:nishi-kenさんがいてくださったから、ここまで私のライブが出来上がりました!!成長して帰ってくるのでまたよろしくお願いします!!(2015/6/12)
  • 伊東歌詞太郎さん:nishi-kenさんのおかげで素晴らしい曲ができました!ありがとうございます!!!(2015/4/8・パラボラ 〜ガリレオの夢〜 について)
  • SECONDWALL:YUKAさん(skream!・2016年4月号対談)
    私はもっとプロデューサーって、お高くとまった感じの人で"俺に任せておけばいいんだよ"というイメージもあったんですけど(笑)、nishi-kenさ んはまったく真逆で......私たちに近い存在な気がしたんです。バンドマン気質で、ものづくりをするタイプの人なのかなって。だから制作にも安心感がありましたね。一緒に作ってくれる人だなと。
  • TAKUYAさん(商店街バンドfacebookより・2016/5/21):
    ーー次に、「商店街バンドの歴史とともに育った」とも言われている、キーボード兼フリーターから神父になったニシケンさんについて教えてください。
    ぼくの誕生日ライブで商店街バンドをやる前から当時、超若手ミュージシャンだったニシケンとは色々と仕事をしてきたんだけど、商店街バンドを通じてニシケンの成長を見てきたような気がするなあ。
    プレイする楽器は違うけど、師匠と弟子のような関係です。ニシケンの最近の活動はかかさず見ているんだけど、師匠の僕からしても「どこで誰のバックをやっても問題ない。お墨付きです」って言えるくらいのレベルになったんじゃないかな。
    もちろん他の仕事で成長してるのもあるけど、商店街バンドではロックやポップスだけでなく、クラシックのようなオーケストラアレンジをする曲、お笑いやクイズのジングルまで幅広すぎるジャンルの楽曲を演奏するのもその要因のひとつだとおもいます。
    昔は「これってどういう音楽なんですか?」ってきょどったりすることもあったけど(笑)最近はどんな曲がきても余裕が全く違う。弾いてる姿も頼もしい。まさに末っ子が育った感じだね。
  • マオ from SIDさん(LINE OFFICIAL BLOGより・2016/6/30)
    実は今回のソロプロジェクト、この人との出会い無しでは語れないって人がいて。
    サウンドプロデューサーでありピアノも弾いてもらってるnishi-kenさん。
    彼との出会いはおれの中で凄く大きかったんだよね。
    あのタイトなスケジュールの中でばっちりアレンジしてくれて。
    一切の妥協がないそのスタイルは本当惹かれるものがありました。
    勉強、吸収できることばかりで。
    おれの新しい可能性を引き出してくれた人。

※日付のみのものはTwitterでの発言です