n's PHRASE

nishi-kenさんのTwitter、インタビュー、アプリなどから、心に残ったフレーズを記録。


2016/04/01(nishi-ken official fbより転載)

3月はドラマのような「事」が多いと思う。
今まで居た場所から移り行く人や、
今まで一緒に居た家族や仲間から離れて孤独になる人や、
環境を変えずとも新しい道へ歩む人だったり、
今までと何も変わらなくても気持ちをリセットさせたり。、
そんな3月を経て「始まり」という言葉がとても希望に溢れる意味を成すこの4月が、気温や空気感などを含め、僕は好きな季節です。
唐突だけど、少し僕の昔話をさせてください。
僕は東京に上京する年齢が割と遅い方で、23歳の頃でした。
それまでは、地元で現場作業のバイトをしながら生活してました。
中学生の頃からずっと、ミュージシャンになる事が夢でした。
でも、それは夢のまた夢だと決め込んでいた僕は、21歳の頃かな、、繰り返す同じような毎日の安定感に挑戦する熱意を失い、音楽の道へ進みたいという願望を一度捨てました。
そこからはかなり話が長くなるので大幅に端折ります。
そんな僕は今、ミュージシャンとして、そして沢山のアーティストを手掛ける音楽プロデューサーとして仕事をさせて頂く毎日を過ごしています。
これはあの頃夢に見た、現実です。
何故こんな内容の投稿をしているかと言うと、これから夢を追う人や、変わらず夢を追い続けてる人へ、今でもどうして良いのか分からずその場を離れない人へ、そんなこれからの未完成なヒーローがどれくらいこの文を読んでくれてるのか分からないけど、僕から一つだけ経験を踏まえて伝えたい事があります。
「運」
とても大切な事だと思う。
僕は、自分が辿ってきた軌跡の結果を「運」と思っています。
運が良い、というのは決してたまたまなどではなくて、自らの判断や行動、言動の結果論だと思っています。
自分の大きな夢を叶える事は一人では完全に無理だと思っていて、自分を支えてくれる人に叶えてもらうに等しい事だと思っています。
人生の運は、漢字の通り、「自分をどう運ぶか」って事だと思います。
どう辿ってきたか、どう出会ってきたか。
そして、夢を公言する事の大事さ。
この先の道をどう歩けるか、それは今の自分の実力が左右する事。
目標に向かって自分を運べば、きっと何も出来なかった過去より先に進めると思う。
いずれその時が来たとき、求められた期待以上の答えを相手へ渡せるように毎日努めるべき事が、努力だと思う。
初心忘るべからず

継続は力なり
僕もまだまだ夢を追い続けている未完成です。
故に偉そうな事を言えないけど、強く感じた事を伝えたくて。
本当に果てしないけど、健康と愛を持って、共に人生進んでいきましょう!
nishi-ken